大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

留年学生は、遠慮したら絶対に損をすると思う。

 

 

今回は、留年学生ならまず間違いなく気になってしまう、他学生との年齢差や学年違いの話。

僕は経験がないので分かりませんが、浪人生にも言えることかもしれませんね。 

留年学生は、卒業するまでも、その後に就職した会社においても、自分より年下の人々と肩を並べなければいけません。

そんな時、ふと思ってしまうのが「自分は留年しているから肩身が狭い」ということ。

どうしても気になってしまうんですよね。

 

 

 

そんな気持ちは非常によく分かります。

しかし、今の僕はそんなことを思うあなたにこう言いたい。

「そんなこと気にしてんのは自分だけだから。他の人はそんなに気にしてないから。そんなことを気にしてもムダだし、遠慮しても損をするだけだよ」と。

そんな考でいて積極性を無くしてしまえば、チャンスをふいにすることになったり、逆に周囲から反感を買うことになる場合もあるでしょう。

 

 

例えば、グループワークで意見を出し合う場面で、ひとりだけ発言をしなかった...とか。

よくありそうな話ですが、まさしくチャンスをふいにし、積極性がないことで反感を買いそうな場面です。

周囲よりも歳がひとつ違うからってなんだって話です。

たかだか1年じゃ外見も考え方も大して変わったりしません。

気になってしまうのは自分だけです。

そんな風にチャンスを取りこぼしたり、反感を買うようなことを避けるように、気を付けましょう!

やる気を見せれば、周囲は受け入れてくれるはずです!