大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

就職活動は、あらかじめ長期戦になるのを覚悟しておくと幸せになれるって話。

 

 

いよいよ本格的に就職活動が始まる時期に差し掛かってますね。

インターンと言いながら会社説明会をやっているという話もよく聞きますので、すでにかなり就職活動を進めている...という方も少なくないことでしょう。

そんな時期だから釘を刺しておきたいのですが、就職活動を始めたらすぐに内定が取れるんじゃないか?という期待はさっさと捨てた方がいい、という事です。

あなたが留年学生なら、なおのこと。

これは、事実すぐに内定が取れないから...という理由ではありません。

すぐに内定が取れる場合も少なからずあります。

では、どういうことか?

 

 

 

それは、すぐに内定が取れるんじゃないか...という淡い期待を持つことで、結果的にすぐに内定が取れずに精神的に挫折してしまう事や、ダラダラと長期戦な就職活動をしてしまうことを避けるための心構えです。

結果的にすぐに内定が取れたなら、それはそれでいい。

 

 

 

あなたが上手に就職活動をこなせたということ、いい会社と巡り合えたのならそれは幸運である、と思います。

しかし、もしすぐに内定が取れなかったら?

「こんなはずはない、次はやれるはずだ」という反省がないまま次回に挑んだり。

無策に次から次へと採用試験を受け、立て続けに落ち続けたり。

そんな状況が長く続き、内定が取れないまま先が見えないまま就職活動を続けたり...。

万が一そんな状況に陥ったとしても、あなたは変わらず就職活動を続けていけるでしょうか?

 

 

 

だからこそ、「もしかしたら、すぐに内定取れるんじゃね...?」なんて淡い期待はさっさと捨てたほうが幸せになれると思います。

また、あらかじめ長期戦を想定した心構えや準備、アクションプランを考えておく事も非常に重要です。

それだけで心に余裕が生まれ、とても楽になります。

余裕が生まれれば、1社1社丁寧に採用試験を受けることができますから、内定を獲得しやすくもなります。

なにか突発的に必要なものが出てきても、いつも余裕があればこなすことができます。

例え、売り手市場の採用活動が予想される今年であっても、これらは大事なことだと思います。

 

 

 

僕は、自分に対してかなり自信がありましたが、内定がすぐに取れるだろうなどという考えは持たないように気を付けていました。

そして、いつも余裕があるように自分なりのペースで就職活動をこなしていました。

会社説明会は1日2社まで、午前1社で午後1社。

僕の年は12月に就職活動が本格スタートしたわけですが、就職活動は翌年10月終了を想定していました。

とりあえず、10月末までは頑張ろう。

その時点で内定が取れていなかったら、なにか大胆に戦略変更を考えないといけないな...と思っていました。

いわゆる、あの電柱まではマラソンがんばろう、ってヤツですね。

 

 

 

そんな風にマイペースに、10月末までははかかるだろうと想定していましたので、かなり心の余裕を持ちながら就職活動に取り組んでしました。

そしてその結果、8月末には就職活動を終わらせることができました。

早く終われてラッキーだなぁ、と思っていました。

早く終われれば、それはそれでいいんです。

 

 

 

一番まずいのは、短期決戦を仕掛けることですね。

毎日ギリギリのスケジュール組んだり、一度に受ける会社の数を増やすのはいい結果になりません。

万が一、その状態で長期戦に突入したら、必ずどこかで破綻してしまいます。

どっしり構えて、じっくり構えて、ひとつひとつ丁寧にこなすことこそが、内定獲得への近道だと思います。