大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

中の人の雑記とか。 2015/02/10

 

どうもこんにちは。

先週の資格試験が終わってからというもの、年度末に向けてなんやかんやで仕事が忙しくなってきて、溜まった家事も片付けなきゃいけないとかで日々忙しく過ごしてます。

 

 

 

そんな状況ですが、メシ作りながらとかメシ食べながらとか、何か家事や作業してる時にアニメを見るのは欠かしません。

なんていうか、一種の習慣みたいなもんなんですよね。

ちなみに、続きが気になってそのあとダラダラと見続けてしまうのは、悪い癖だと思ってます...。

 すでにお気づきの方も多いと思いますが、自分はかなりのオタクだと思います。

いや、自分よりすごいオタクの方々はいっぱいいるので、去年くらいまでは「自分なんかライトオタクだー」って言い続けていたのですが、それ言うたびに「絶対嘘だろ」と必ずツッコミを受けるので、最近は「自分はかなりのオタクだ」って言うようにしました。

ジャンルはアニメが一番得意かな。

学生時代はゲームもイケたのですが、最近はスクフェスぐらいしかやっていません。

去年末までは艦これもやってましたので、艦これの話はだいぶついていけます。

 

 

 

そんな自分語りはここまでにして、今回は僕のオススメのアニメを5つ書いて締めたいと思います。

なかなか古いチョイスですが、これらを見たといえば「お、コイツ分かってるな」というハッタリをかますことができると思いますので、ぜひ見てみてください。

 

 

 

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

 

最近、「攻殻機動隊 ARISE」がやっていますが、これは2002年からやっていたシリーズです。

ストーリーが少し難解で専門用語が多く出てくるので理解するのに苦労しますが、独特の世界観はとても惹きつけられます。

ちなみに、「2nd GIG」「Solid State Society」と、長く続くシリーズなので、そこはご了承ください。

 

 

 

フタコイオルタナティブ

 

最近の「ラブライブ!」でおなじみ、電撃お得意のメディアミックスコンテンツのうちのひとつ、「双恋」のアニメです。

双恋」は2つのアニメがありますが、もうひとつは...なので、そっちは物好きな方だけ見るといいと思います。

こっちの「フタコイオルタナティブ」は序盤のハイテンポな話...からの、中盤からのシリアス、終盤のぶっ飛んだ展開までなんでもあり、最後まで楽しめるアニメだと思います。

 

 

 

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

 

ガンダム作品は数多くありますが、僕はこれが一番好きです。

いや、全部見たワケじゃないので、今のところという意味で。

ガンダムといえばパイロットが主役になることが基本ですが、これはミリタリーに憧れるごくフツーの少年が主人公。

序盤の主人公と比べ、多くを知り成長した終盤の主人公。

その過程で主人公が見てきた戦争の現実や、遭遇した悲しい状況。

戦争というものの虚しさ、非情さに心動かされます。

ガンダムがただのロボットアニメではない、ということが分かる作品だと思います。

 

 

 

てーきゅう

 

これは最近のアニメですね。

1話3分でオープニングと本編をこなしてしまう、超ハイスピードアニメです。

なんで笑えるのかもよく分からないのですが、見てるとなぜか笑えてくる勢いだけのアニメです。

だがしかし、それがいい...。

1期全て見ても30分少々で見終わるので、ちょっとヒマな時間に見直したいなーと思って見直せるのもポイント高い。

 

 

 

狼と香辛料

 

同名のライトノベルが原作のアニメ。

アニメではときどき「フェイト(Fate/stay night)は文学」、「けいおん!は青春」のように「(作品名)は○○」のように言うネタがあったりします。

そして、「狼と香辛料は経済」とネタにされるアニメです。

中世ヨーロッパのような時代背景が舞台で、行商人をやっている男が主人公の話なのですが、経済の仕組みがストーリーに深く関わっていて、非常に興味深い内容です。

そんな内容のため、過去には新聞にオススメの書籍として掲載されたこともあるとか。

 

 

 

以上です。

なんだか自己満足な内容になっちゃいましたね...。

しかし、どれもオススメのアニメです!

いやー、アニメってホントにいいものですね!(笑)