大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

「研修期間が長くて充実していますよ」は本当に魅力的なの?

 

就職活動でさまざまな会社に行きましたが、自社の魅力として「新人研修制度が充実していること」を挙げていた会社はけっこう多かったです。

中には、6ヶ月近く研修をやるという会社があって、「おいおいマジかよすげーな」と内心思っていました。

当初はそんな会社が魅力的だなーと思っていました。

しかし、就職して働き始めて2年ほど経ちますが、今となっては「研修、短くてよかったな...」と思っています。

なぜか?

 

 

 

一見、研修が長いことは魅力的に見えます。

会社が手厚く新人を歓迎してくれるのかな、と感じるからです。

しかし、考えてみてください。

実際の業務において、研修で学んだことがどれだけ役に立つのか?ということを。

確かに、研修はないよりはあった方がいい。

業務にまったく役に立たないわけではありませんから、学んだことは無駄にはなりません。

しかし、人間が本当に成長できるのは現場であり、実戦経験です。

もし、新人研修が6ヶ月の会社と新人研修が2ヶ月の会社があったとすると、同じ年に入社したにも関わらず、4ヶ月もの実戦経験の差が生まれます。

また、新人は現場に入ったとしてもすぐに働けるわけではありませんから、なおのことスタートが遅れることになります。

 

 

「一生その会社で働く、他の選択肢はない!」と固く決めているなら話は別ですが、今のご時世でそういう人は決して多くありません。

であれば、長すぎる新人研修期間というものも少し考えものです。

数年で転職することを視野に入れているのならば、新人研修が数ヶ月に及ぶ会社は避けるべきでしょう。

 

 

 

ちなみにわたしが入った会社は、マナーなどの研修が1週間、IT系の技術者研修が2ヶ月ほどでした。

自分がもともとITを勉強していたから、ということもあるかもしれませんが、2ヶ月という研修期間は決して短いとは感じませんでした。

それに、自分は毎日授業みたいに話を聞くだけよりも、実際に自分で触って覚える方が好きでしたので、最後の方は「さっさと働きたいな」と思っていました(笑)

 

 

 

しかし、そうは言っても短すぎるのも考えものです。

営業職だったらあり得なくもないかもしれませんが、職種が技術者で新人研修が1週間とかだと、かなり怪しいです。

ですので、自分の会社がそうだったからということもありますが、新人研修は2ヶ月位がちょうどいい気がします。

3ヶ月だとちょっと長いかな...人それぞれですが。

 

 

 

ちなみに、こんなコラムもありました。

 


「研修の手厚さ」は就職先選びの決め手にならない 経営者のホンネは「福利厚生の一環」

 

これまで書いた考えにより、僕も研修を会社選びの基準で重視するのはどうかと思います。

ぜひ、みなさんの会社選びの参考にしてみてください。