大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

僕がやらかした就活の失敗を聞いてくれないか、その2。

 

僕がやらかした就活の失敗を聞いてくれないか、その1。 - 大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえた話。

 

 

 

前回に引き続き、僕が就活でやらかした失敗を書こうと思います。

ちなみに、いくつあるかなーって数えてみたら...ぱっと思いついただけで8コもありました(笑)

 

 

 

②SPI対策をちゃんとしなかったこと。

 

SPI対策...ちゃんとやらなかったんですよね。

ちなみにこれ、就活終わって2年以上経つわけですが、未だに後悔しています。

SPIだの筆記試験だので一体いくつ落とされたことか...。

ちゃんと対策やってたら、少しは結果が変わったかもしれないなー...と。

 

なんでやんなかったのかって話ですが、大学の卒業が危うかったので、そちらの方を重視してしまったんですよね。

その上、バイトもやってましたからね...なんだかんだで厳しかった。

でも、もっと前から始めてればなんとかなったかもしれません。

夏休みとかあったのになぁ...。

 

 

 

SPI対策は、就活の準備の上で非常に重要なポイントです。

そもそも試験を突破できなければ、面接のプロセスにすら進めません。

あなたがどんなに魅力的でも、自己アピールに自信があったとしても、企業の採用担当に合う前に切り捨てられるのです。

ただ、勉強をやらなかったがために。

これほどもったいないことはありません。

 

今年は3月から採用試験のプロセスが始まるわけですから、まだ2ヶ月あります。

自己アピールを考えたり、企業研究・業界研究も非常に重要ですが、SPI試験対策もそれらと同等に重要なものです。

ぜひ、今のうちに取り組むことをオススメします。

わたしと同じ轍を踏まないようにしましょう...(泣)