大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

就活やるなら、ニュースブログを書くといいのかもしれないと思った。

 

以前にも書いたことなのですが、このブログを書くようになってから、明らかに情報収集の幅が増えました。

就活関係のニュースやコラムを掲載してるWebページはよくチェックするようになったし、それ以外にもビジネス関係のニュースやコラムをよくチェックするようになりました。

やはり就活ブログを書いてる以上、今の就活の感覚というか、自分の時と同じ考えでいいのかどうかというのは、とても気になるポイントです。

しかし、自分と接点がある人でこれから就活という人は、非常に少ないのが現実...。

そうなってくると、Webでの情報収集が頼りなんですよね。

 

 

 

そんな日々をしばらく過ごして気づいたのは「あれ、オレ就活の時よりも熱心に情報収集してるんじゃね...!?」という事実。

就活の時も情報収集はしてましたが、せいぜいリ○ナビや日経新聞電子版ぐらいなもの。

なのに、今は毎日のスキマ時間にいくつものWebページを見ています。

これ、就活の時もやればよかったじゃん...。

 

 

 

というワケで、僕はひとつの意見を提唱します。

「就活やるなら、ニュースブログを書いたほうがいいんじゃないの?」

「就活 ニュース」「就活 コラム」などで検索すると、おもしろそうなWebページがザクザク出てきます。

で、そんなニュースやコラムをネット上で漁るだけ漁って、その中からひとつ選んでコメントを付けて投稿するブログ。

一回あたり300文字くらいをめどにすれば、更新にかかる時間は30分程度です。

それを、できれば毎日、あるいは2~3日に一度の更新というルールでやれば、けっこう就活関係の情報には困らないような気がします。

 

 

 

もしくは、Twitterにコメント付けて投稿するなら、もっと手軽かもしれません。

今やたいていのニュースやコラムにはツイートボタンがついてます。

スキマ時間にニュースやコラムを探して、自分のコメント付けて投稿。

それだけでもかなり感覚は違ってくる気がする。

 

 

 

ぜひ、みなさんも挑戦してみては?