大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

コミュ障だと思ったら、まず「質問する力」を身に付けようか、その3。

 

コミュ障だと思ったら、まず「質問する力」を身に付けようか、その2。 - 大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえた話。

 

 

 

前回のお話!

会話で質問をすると、会話をより長くしたり、深堀りや盛り上げができるようになるよ!

そこで大事なのが、「質問する力」だよ!

質問する力は、主に次の4つのことだよ!

 

①情報を聞いてぱっと質問が思い浮かぶこと

②相手が答えやすい質問を選ぶこと

③会話が盛り上がるような質問をすること

④質問しすぎないこと

 

前回は上の③、④の話でした。

今回は、そんな「質問する力」をどうやって身につけるか?どうやって活かすのか?という話。

 

 

 

これまで何度も書いてきたように、コミュ障はとにかくいっぱい会話することでしか解消できません。

この「質問する力」も同様です。

しかし、ただ会話するだけでなく、あることに気をつけながら会話すると、「質問する力」が身につきやすくなりますし、非常に「質問する力」を発揮しやすくなります。

それは「相手の話をしっかり聴く」ということです。

 

「相手の話をしっかり聴く」?

もうやってるよ!って?

本当でしょうか?

「相手の話を聴く」とは、相手の話の内容を聴くことだけではないです。

相手の態度、表情、声のトーン...そこまで含めて見て聴いて感じて、初めて「相手の話を聴いている」ということになります。

これは「相手の話を聴く力」という、重要なコミュニケーション能力のひとつです。

もちろん、今回のテーマである「質問する力」もそのひとつ。

 

 

 

では、「相手の話をしっかり聴く」ことと「質問する力」がなんの関係があるのかということですが、この2つはお互いに作用しあっているのです。

まずは、相手の話をしっかり聴く。

その上で、分からなかったところや、相手が聴いて欲しいのかもしれないな、と思うことを質問する。

で、また相手の話をしっかり聴く。

この繰り返しです。

これを上手にこなせれば、会話はとても盛り上がるでしょう。

 

また、質問をすることで相手への理解も深まります。

知らなかった相手の一面を見ることができるかもしれません。

 

そのために必要なのが、「質問する力」「相手の話を聴く力」なのです。

 

 

 

だからこそ会話をするときに、相手にどんな質問をすれば会話が盛り上がるか?

どんな質問をすれば、相手が喜んでくれるか?

どんな質問をすれば、新しい情報を引き出すことができるか?

相手の話をしっかり聴きながら、どんな質問すればいいかよく考えれば、「質問する力」は身につきますし、とても役に立つと思います。

 

 

 

今回はこれまで。

いずれ「相手の話を聴く力」についても書こうと思います。