大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

コミュ障だと思ったら、まず「質問する力」を身に付けようか、その1。

 

コミュ障だと思ったら、多少オーバーなリアクションを取るといいかも。 - 大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえた話。

 

 

 

前回のお話!

相手になにか言われた時、「へーそうなんだ」みたいに適当な返事じゃなく、「へぇ、そうなんだ!」みたいにちょっとオーバーなリアクションを取ると、会話がちょっと盛り上がるよ!

たったそれだけのことだけど、かなり変わるよ!

...そんな前回にもちょこっと登場した、コミュ障っぽく見えなくするワザ・その2が今回のテーマ。

ちなみにこれ、就活でも役に立ちますよ。

 

 

 

前回の会話ケースのいい例で、こんなモノがありました。

 

女「明日、友達の誕生日なんだよね」

男「え、そうなの...!?なにかプレゼントを考えてるの??」

 

この男の「なにかプレゼントを考えているの??」という返答がポイント。

会話において質問をすると、会話をより長くすることや、深堀りや盛り上げることができるようになります。

そこで大事なのが「質問する力」です。

 では「質問する力」とはなんでしょうか?

 

 

 

質問する力とは、主に次の4つが考えられます。

 

①情報を聞いてぱっと質問が思い浮かぶこと 

②相手が答えやすい質問を選ぶこと

③会話が盛り上がるような質問をすること

④質問しすぎないこと

 

それでは、順番に書いていきます。

 

 

 

①情報を聞いてぱっと質問が思い浮かぶこと

 

相手から情報を聞いた時に、すぐに質問が思い浮かぶこと。

理想を言えば2~3コぱっと思いつくのが理想ですが、雑談の中ではなかなか難しいところでもあります。

ただ、少なくとも最低1つはすぐに質問が思い浮かぶかどうかがポイント。

もし質問が思い浮かばないとすれば、相手が話すことに対しての興味が薄い、相手が話すことの知識が不足している...のいずれか、もしくはその両方が考えられます。

もっと雑談相手や内容に興味を持つように意識しましょう。

興味が持てない?

なら、その場だけ興味があるように見せればいいんです。

それが会話を盛り上げるコツです。

 

 

 

②相手が答えやすい質問を選ぶこと

 

質問が思いついたら、その質問が相手にとって答えにくくないかどうかを考えましょう。

心情的に答えにくいとか、説明が長くなりそうで答えにくいとか、ありますからね。

思いついた質問が相手にとって答えやすいかどうかを、よく考えましょう。

ただ、実際に質問したら、結果的に相手からしたら答えにくい質問だった...という場合もあり得ます。

その場合は、「あ、そういえばさ...」みたいに、さっさと別の話題に切り替えちゃいましょう。

 

 

 

長くなちゃったので、続きは次回にします。

 

 

 

(次回に続く...)