大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

留年学生の経験の多さは強みになるはず、その1。

 

留年学生が、強みとなるかもしれないもののうちのひとつ。

それは、留年していない学生と比べ、多くのことを経験できる、ということです。

長い学生生活のなかで自分の強みをアピールできる経験があれば、留年学生でも勝ち目が見えてきます。

時間がある分、チャンスは多いはずです。

 

 

 

自分には経験がない?

ではこれからすぐに経験しましょう。

なんでもいいんです。

今まで自分がやったことがないことに挑戦してみるといいと思います。

趣味でも、アルバイトでも、授業のグループワークでもいいんです。

どんな経験だろうと、経験がないよりはあったほうがいいんです。

それをうまいこと自分の強み、経験して得られたこととして話せるレベルにするんです。

なんなら、それやってたから留年してしまいました、と言ってもいいと思います。

 

 

 

中には「嘘を言うのはよくないんじゃないか?」と思う方もいるかもしれません。

そうですね、嘘はよくありません。

ただし、100%正確である必要もありません。

 

 

 

例えば、採用担当に以下のように言ったとします。

 

「自分はアルバイトを経験をし、チームワークの大切さを経験することが出来ました」

 

ここで、「チームワークの大切さ」を必ずしもアルバイト経験から得ていなければいけない理由はありません。

他の経験で得ててもいいんです。

なぜなら、大事なのは「チームワークの大切さ」を経験したことであって、何で経験したかは問題にならないからです。

多少創作があったとしても、採用担当に「この人の言うことには説得力があるな」と思ってもらえればいいんです。

もし、本当に「チームワークの大切さ」を感じた経験やエピソードがあれば、自然と説得力がある話し方になるはずです。

結果的に「説得力があるな」と思わせることができれば、あなたの勝ちなのです。

 

 

 

では、自分以外の誰かの経験でもいいじゃないのか?嘘でもいいってことじゃないのか?と、思う方もいるかもしれません。

でも、それではいけないんです。

なぜなら...次回に続きます。

 

 

 

(次回に続く)