大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

僕の就活はこんなでした②(~大学6年目)。

 

僕の就活はこんなでした①(~大学6年目)。 - 大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえた話。

 

合同説明会への参加以外で、大学4~6年目にやってた「就活っぽいこと」は、インターンへの参加でした。

とは言っても、自分が参加した会社のインターンってのは、会社説明会と見学会みたいなものでした。

インターンって世の中にいろいろなタイプがあるんですよね。

大学6年目に受けようとしたインターンはマーケティングをするもので、なんとお給料が出るとかうたってました。

残念ながら、受ける前に面接で落ちちゃいましたけどね...。

 

他にやってた「就活っぽいこと」は企業説明会への参加ですね。

選考のプロセスに進まなければ、別に問題無いですからね。

これも何社か受けた記憶があります。

 

その他は...やはり情報収集でしょうか。

どういう業界がいいとか、どういう職業があるとか、ざっくり調べていたかな。

個人的には日本経済新聞Web版の「就活探偵団」のコーナーが好きで、よく読んでいました。

っていうか、今でも更新があると読んでます。

就活やっている人のリアルな悩み相談が出てくるので、読んでいて非常に面白いです。

以下のリンクから読むことができます。

 


お悩み解決!就活探偵団 :就活・仕事 :ビジネスリーダー :日本経済新聞

 

あと、先日見つけたサイトが、以下の東洋経済オンラインの「就活生のためのホントの情報」

これも読んでいてなかなかおもしろかったです。

 


就活生のためのホントの情報 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

そんな風に、会社をいっぱい探し、情報を収集してたのが、大学4~6年目にやってた「就活っぽいこと」でした。

 

次回は、大学7年目の就活のお話をします。

 

(次回に続く)