大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

堕落した大学生活してても、なんとかなる。

 

そもそも、自分の大学生活は堕落を極めていたと思います。

特に、大学1年目~4年目が酷かったです。

まず、毎日のようにゲームをし、アニメを見て、夜遅くまで起きていた。

夜遅くまで起きていたから大学1限に間に合うことがほとんどなかったし、酷い時は自主休講。

それを連日のようにやっていたので、授業についていけるわけもなく、成績はとても人に見せられたもんじゃありませんでした。

しかも、自分は人と接するのが大嫌いだったので、大学での交友関係は非常に狭く、ノートを見せてもらうことなどほぼ不可能。

単位は落としに落としまくり、大学2年目の前半終了時点で、早くも4年での卒業が絶望的でした。

(自分の通っていた大学は124単位取った時点で卒業できる、学年関係なしの大学でした)

 

でも、そんな生活をしていても「よし頑張ろう!」だとか「このままじゃいけない」という気持ちにはまったくなりませんでした。

なぜなら、頑張ろうと思える目標が全くなかったし、「どうせなんとかなるでしょ」という根拠の無い楽観的思考だったからです。

一言で言えば、なんにも考えてない馬鹿な大学生でした。

 

そんなこんなでずるずるとダラダラと大学に通い続け、大学5~6年目の時にある転機が訪れました。

その転機についてはいずれ書くとして、その時に自分なりの目標をみつけ、自分に対し自信を持つことができるようになりました。

その後、自分なりに努力し続け、大学8年目の時に晴れて大学を卒業、内定も獲得できた...というわけです。

 

そんな自分でも内定を取ることが出来ました。

同じように、なんとなく遊んでしまったり、なんとなくやる気がなくて自主休講してしまったり、それが積み重なって留年してしまった...という方は多いと思います。

それでも内定取れると思います。

大事なのは、やり方とアピール、自分に対して自信を持つことです。

今後、ここでそんな話ができたらいいと思っています。