大学を4年も留年したけど東証1部上場企業から内定もらえたんだが。

大学を4年も留年しながら内定をもらった自分の過去、その経験に基づいたアドバイスを書いています。

はじめに。

 

「大学4年留年したけど東証一部上場企業から内定もらえた話。」

なんてそのまんまのタイトル。

でも分かりやすいからいいよね。

 

自己紹介です。

職業、システムエンジニア

現在27歳。

大学生当時、大学を4年(正確には3年半)留年確定してた状態で、幸運にも東証一部上場企業2社から内定をいただきました。

そのうちの1社へ就職し、現在2年目社員として日々働いています。

「IT系の会社に入ったら毎日残業していっぱい稼ぐんだ...!」って思っていたのですが、ここ数ヶ月は残業なし定時帰りのため、稼ぎが少なくて困っています。

 

余計なことを言った気もしますが、そんな人間です。

なぜ実質4年も留年したにもかかわらず、内定を2つももらえたのか。

恵まれた幸運もあったと思います。

しかし、それと同等に自分なりの努力、就活の戦略、自分の実力の結果だとも思っています。

 

では自分はどんな経験をし、なにを考え、どう行動したのか。

それをこれから書いていこうと思います。

自分の就活の時、ネットにも、周りにも、どこにも4年も留年した場合の就活のやり方なんか教えてくれる人はいませんでした。

自分と同じように留年して苦労している、苦労するかもしれない、まともな就活を諦めている...そんな方々のために、このブログを送ります。